books on zlibrary immediate prospect Immediate Affinity

胃内視鏡検査

「鼻から入れる胃カメラ」で、もっとたくさんの方に検査を

胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんどの場合完治が期待できますが、そのためには定期的に内視鏡検査を受けていただくことがとても大切になります。
とはいえ、胃カメラへの「オエッとなってつらい」といったイメージから、検査を足踏みしてしまっている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
そんな皆様にも、抵抗なく楽に内視鏡検査を受けていただくために・・・
当院では鼻から入れる細くてやわらかい胃カメラ「経鼻内視鏡」を導入しております。

経鼻内視鏡は、直径わずか5.9㎜と、従来の口からの胃カメラと比べおよそ半分の太さしかありません。なおかつ鼻から入れるため、嘔吐感をほとんど感じることなく検査をお受けいただけます。

なぜオエッとなるの?

そもそもなぜ、口から入れる胃カメラは、吐き気をもよおすのでしょうか。それは、舌の付け根にある舌根という部分に内視鏡が触れることで、異物を吐き出そうとする咽頭反応が起こるためです。
鼻から入れる場合は、この舌根に触れることがありませんので、吐き気や不快感の大幅な軽減が期待できるというわけです。

経鼻内視鏡のメリット

  • 嘔吐感がほとんどありません
  • 胃カメラを挿入した状態でも、医師との会話ができます
  • カメラが細いので、胃の中での圧迫感が少なくて済みます

検査の流れ

鼻の通りを良くする薬剤をスプレーし、出血も予防します。風がシュッと入ってくるような感覚で、痛みはほぼありません。

ゼリー状の局所麻酔剤を入れます。(鼻の中に注射をうつようなことはありません)
経鼻内視鏡は苦痛が少ないため、少量かつ強い麻酔は必要なく、身体への負担を軽減できます。

通り道が狭い場合や、花粉症などでむくんでいる場合には、内視鏡と同じ細さの、麻酔薬を塗ったやわらかいチューブを入れて、局所麻酔を行います。痛みが抑えられ、通りがスムーズになります。

鼻からカメラを入れます。口が自由に動かせるため、検査中でも「苦しくないですか?」「大丈夫です」などといった医師との会話ができて、安心です。

食道、胃、十二指腸の順に診て行きます。患者さまご自身にもリアルタイムでモニターをご覧いただけ、医師に質問もしていただけます。

お疲れ様でした。検査終了後は写真をご覧いただきながら、さらに詳しく説明いたします。

このような方は、ぜひ一度検査をお受けください

  • 慢性的に胃が痛い方
  • 胃もたれ、胸やけ、吐き気などが続いている方
  • ゲップが多かったり、酸っぱいものがのどに上がってくる方
  • 胸やのどにつかえたような感じや痛みのある方
  • 食欲が減退した方
  • 空腹時や食後に腹痛のある方
  • バリウム検査で異常を指摘された方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の経験がある、もしくは胃がんを患った血縁者がいる方

© 2015 矢野外科胃腸科